アーツセラピーの現状とタッチアーツプロジェクトの目指すもの

Touch artsプロジェクトチームは、アーツセラピーを学び、実践しながら、その有意義さを広く社会に伝えていきたいと思っているメンバーから出発しました。

現在は、アーツセラピーという範疇にかかわらず、アート表現を媒体に活動されている方達と共に、プロジェクトを推進しています。

 

 

 20世紀初頭にヨーロッパ、アメリカを中心に始まったアーツセラピーは、70年代以降、成熟期を迎え、大学、大学院でアーツセラピストを養成するコース等も出来ていきました。その後、日本へも紹介され、療法の一つとして取り入れられ、日本芸術療法学会等が設立されたり、注目されはじめたにもかかわらず、アーツセラピーを学べたり、療法として浸透していくことはほとんどなく現在に至ります。 

 

近年は、色彩心理やカラーセラピー等の延長としてアートセラピーと言う言葉が少しずつ浸透しているようですが、それはアートセラピーの中の一部分でしかなく、アートセラピーに対する多くの誤解も含まれています。

 

アート(art)セラピーに加えて、音楽、ダンス、ドラマ等,様々な表現媒体も含んだアーツ(arts)セラピーとなると、なおさらに知られていない状況なのはとても残念なことです。

 

それは、アートに対する捉え方や関わり方が西洋的な文化と、我々の文化(東洋)と違うことも浸透しにくい原因のように思えます。

セラピーという言葉に対する認識の違いもあるでしょう。

 

また、アートとは特別な才能やセンスを持った人たちだけのもの、と思われがちですが、

そもそも、アートとはもっと私たちの日常に入り込んでいるもの、私たち自身のものではないでしょうか?

 

○輸入された西洋的なアーツセラピーのあり方とちがった日本的、アジア的な(日本人に合う)アーツセラピーのあり方を見直してみる

○もっと、自由に表現(arts)を味わい、楽しみ、自己成長や自己治癒を促すツールとして見直してみる

 

本プロジェクトではさまざまなイベントを通して、皆様へこのような機会を提供できればと考えております。

アートにふれ、あなたのハート、あなたの魂に出会う機会となることを願っています。